information

ABOUT

大阪国際がんセンター
脳神経外科について

大阪国際がんセンター脳神経外科では、がん患者さんに対して特化した脳神経外科治療を提供しています。
脳腫瘍の外科摘出の限界を押し広げ「”切除不能”を”切除可能”にする脳腫瘍外科」そして脳血管内治療に対応できる国内唯一のがん専門病院として「がん患者さんのための脳血管外科」を当診療科の特色としています。
分子レベル、遺伝子レベルの高度な専門知識に基づいた最先端の手術技術と治療法を駆使して、患者さん一人ひとりにとって最適な治療を約束します。

TREATMENT

主な診療のご案内

大阪国際がんセンター脳神経外科にて
扱うことの多い診療のご案内

気になる自覚症状

該当される方はご相談ください

  • 脱力感
  • けいれん
  • 頭痛
  • 言語障害
  • 吐き気・嘔吐
  • 性格の変化
  • 目のかすみ

ADVANTAGE

大阪国際がんセンター
脳神経外科の特徴

  1. 01

    他の診療科や医薬研究機関と
    連携したトータルサポート

    がん治療は再発や転移について早めの診断と治療が重要です。治療困難な症例や難治性腫瘍の再発例も当脳神経外科では大阪国際がんセンター内の他診療科や数多くの医薬研究機関と連携しながら最適な治療を行うことが可能です。

  2. 02

    脳腫瘍手術実績数は
    大阪府で3位

    当センターの脳神経外科は脳腫瘍や脳腫瘍に伴う血管障害などの治療を中心に専門性の高い治療を提供しています。
    現在、大阪府下では3位の脳腫瘍手術実績があり、その経験、臨床データをもとに質の高い最高の脳腫瘍、脳が関係するがん治療を提供しています。
    脳腫瘍の治療には新たな抗がん剤、分子標的薬、免疫療法など、様々な治療法が開発され、また、その選択には高い専門的知識が要求されるようになってきています。
    当センターでは先進的の脳画像解析や画像誘導ナビゲーションシステムなど、世界最高水準の手術支援技術を駆使し、必要最小限の侵襲で、安全かつ確実な腫瘍摘出を心がけています。

  3. 03

    都道府県がん診療連携拠点病院
    に指定

    大阪国際がんセンターは「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されております。
    「都道府県がん診療連携拠点病院」とは都道府県内で中心的役割を果たすよう厚生労働大臣が指定した病院で、原則として各都道府県に1カ所置かれています。専門的ながん医療を提供するとともに、都道府県内のがん診療の連携協力体制の整備やがんに関する相談支援情報の提供を担っており、日々最先端の技術や知識を他院にも提供するとともに、当センターでの治療に役立てております。

GREETING

脳神経外科部長のご挨拶

大阪国際がんセンター
脳神経外科部長

沖田 典子

当センターの脳神経外科は脳腫瘍や脳腫瘍に伴う血管障害など、専門性の高い治療を提供しております。平成30年8月より脳神経外科診療責任者として赴任しておりますが、これまでの当科の実績を生かし、質の高い最高の脳腫瘍、脳が関係するがん治療を提供してまいります。

脳腫瘍は麻痺や失語、認知機能の低下など様々な神経症状が出現します。そのため、脳腫瘍により失うものを最小限に食い止め、QOLを重視して患者さんが元の生活に戻れるような手術治療や後療法が求められます。その一方で可能な限り根治性を追求した手術も同時に求められます。覚醒下手術や詳細な脳機能解析技術を用いて手術を行い、この相反する要求を満たすことができる限られた施設の一つであると自負しており、基幹病院脳神経外科として他の医療機関では提供できないような高い水準の脳外科診療を大阪府民の皆様に提供できるように日々努力して参ります。

最後に、病気によっては再発の恐れから常に不安をかかえてしまうこともあるかと思います。

さらには、再発への不安だけでなく、妊娠や出産、就職、仕事の継続など様々なライフイベントも患者さんと話し合って解決方法を一緒に探していけるよう心がけてまいります。