設置医療機器

超高磁場3テスラMRI

従来の1.5テスラ高磁場MRIと比較して磁場強度が2倍であるMRIを成人病センターでは設置しています。従来機と比較して、より詳細な脳画像を得ることできます。  prisma_458x344

3Dコンピュータ断層撮影(CT)

頭部ならびに全身を3次元的に撮影可能なCT撮影機を設置しています。検査時間の短縮と、微小病変の検出に役立ちます。

CT複合型3D血管撮影装置

脳血管撮影を3次元的に行い、脳血管の走行をより詳細に描出することができます。また、CT複合型血管撮影装置であるため、脳血流評価も血管撮影と同時に施行できます。

脳神経外科手術用ナビゲーション装置

MRIやCTなどの手術前画像をコンピュータに取り込み、手術中に手術操作を行なっている部位をリアルタイムで術前画像に描出させる手術支援装置です。当科が推し進めている「画像支援脳神経外科手術」の中核をなすものです。  curve_sect5_2_20150526

PET検査

成人病センター脳神経外科では阪和インテリジェンス医療センターと協力体制を構築し、先進的な検査(メチオニンPETなど)を手配し撮影された画像を独自に開発したアルゴリズムで解析しています。