転移性脳腫瘍

脳転移は化学療法への抵抗性が出現する経過の後半部分に認められることが多く、がん患者さんの10人に1人が脳転移を患っていると言われております。転移性脳腫瘍の治療はがん種ごとに化学療法剤の進歩や分子標的薬などの開発、定位放射線治療により多様化し、予後の改善が認められるようになっています。2005~2008の脳腫瘍全国集計調査報告では転移性脳腫瘍の原発巣の頻度は多いものから肺癌46.1%、乳癌14.5%、大腸癌6.0%、腎癌4.2%、原発不明癌3.6%となっています。大阪国際がんセンター脳神経外科では、各科と連携して転移性脳腫瘍を患っておられる患者さんに対して、積極的な治療を行っており、患者さんのQOLを十分に考えながら、最適な治療方針を提供しております。

転移性脳腫瘍の手術治療

3cm以上の病変で、患者さんの全身状態が良好である場合には手術による腫瘍摘出の適応となります。大阪国際がんセンター脳神経外科では、転移性脳腫瘍の腫瘍摘出術に術中ナビゲーションシステムを使用し、確実な病変の摘出を行っております。

転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療(Xーナイフ)

3cm以下の病変で、病変数が少ない患者さんでは、定位放射線治療の適応となります。病変に対して、集中的に放射線が照射される、いわゆるピンポイント照射です。ガンマナイフと同等の治療効果を達成でき、ガンマナイフで必要である金属フレームによる頭部固定が不要であり、患者さんへの負担が少ない治療法です。

転移性脳腫瘍の全脳放射線治療

多発する脳転移巣に対しては、30〜40Gyの放射線量を全脳に照射しております。

各種臨床試験

大阪国際がんセンター脳外科では、JCOGの「転移性脳腫瘍に対する、腫瘍摘出術+全脳照射と腫瘍摘出術+Salvage Radiation Therapy とのランダム化比較試験」登録施設として臨床研究に参加しております。症例登録は終了し、現在患者様がたの追跡調査中です。お問い合わせは以下までお願い申し上げます。

地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター
〒541−8567 大阪市中央区大手前3-1-69