ボトックス治療

ボトックス(ボツリヌス)療法とは、ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)から作られた薬を筋肉内に注射する治療法です。ボツリヌストキシンは筋肉を緊張させる神経の働きを抑える作用があり、この作用を利用してさまざまな疾患の治療が行われます。対象となる疾患は、眼瞼けいれん片側顔面けいれん上肢・下肢の痙縮痙性斜頚などがあります。外来で十分な診察をさせて頂いた後、治療が可能であればボトックスの注射を行います。この治療の効果は数カ月程度持続しますが、時間がたつと元にもどってしまいます。その為、効果を維持するためには繰り返し注射を行う必要があります。 ganmen_2

片側顔面けいれん

通常、片側の顔の筋肉がぴくぴくとけいれんし続けてしまう病気です。はじめの頃は左右どちらかのまぶたにけいれんが認められ、その後、口の周りにもけいれんが広がるようになります。顔がゆがむ、顔が引きつるといった症状で受診されることもあります。原因は顔面の筋肉を支配する神経が、頭の中で血管に圧迫されて生じることが多いと言われています。
原因となる血管や、その他の原因の有無を確認するため頭部MRI検査を行い診断します。治療にはボトックス療法、内服治療、手術があります。ボトックス治療は外来で行うことができます。けいれんを起こしている筋肉に数か所注射を行い、数日でその効果が確認できます。しかし、数か月でその効果は弱まってくる為、繰り返し外来に通院して注射を繰り返す必要があります。手術を行えば根治を見込むことが可能ですが、入院での治療が必要になります。当院では手術での治療も行っており、患者さんと相談して治療を進めていきます。
ganmen_1

上肢・下肢の痙縮

脳卒中を発症された患者さんには、手足の麻痺が後遺症として残ることがよくあります。この様な患者さんの中で、麻痺した上肢・下肢の筋肉が異常に緊張して手指が握ったままになる、肘がまがった状態で固まってしまう、足が突っ張るといった症状を認める方がいます。この様な状態を痙縮と呼びます。

bnr_btxa_003keisyuku_1
痙縮は日常生活や、リハビリテーションの障害となっていることがあり、治療が必要となります。治療法としては、内服、神経ブロック療法、バクロフェン髄注療法、ボトックス療法、外科的治療とさまざまなものがあります。それぞれの治療に長所・短所があり、患者さんの状態に応じて使い分けが必要になります。
ボトックス療法は、痙縮の原因となっている筋肉を確認し、そこに注射を行います。使用できる薬の量は限られているため、症状を確認して必要な部位に注射します。外来で症状を確認し、症状が改善して効果が見られた場合は注射を繰り返していきます。症状によっては、痙縮が歩行の助けになっていることがあります。この様な場合では、ボトックス療法が逆に悪影響を及ぼす可能性がありその際は注射を中止します。数か月で薬の効果はなくなるため、時間がたてば以前の状態に戻ります。